加害者への公開質問状

104591
加害者への公開質問状
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Lolita - 名前

2020/09/21 (Mon) 06:12:57

ロリータキッズ_CP_Lolita

* https://apg.de/lN *
* https://apg.de/lN *


ロリータキッズ_CP_Lolita

* https://apg.de/lN *
* https://apg.de/lN *

ロリータキッズ_CP_Lolita

* https://apg.de/lN *
* https://apg.de/lN *

異変について

異変について - 生き地獄

2020/09/02 (Wed) 14:36:38

異変について

〔違和感のある電話〕
・(私の家族の一人)に、〔違和感のある電話〕が複数人から複数回掛かってきている(2020/8/31(月)・9/1(火))。
・どれも、声質・抑揚は通知された携帯電話番号の本人/名乗っている者と似ている。
・だが、複数の点で、その発話者が、通知された携帯電話番号の本人/名乗っている者とは〔別人格者〕である事を疑うような〔違和感のある電話〕である。
・近接した日時に於いて(2020/8/31(月)・9/1(火))、複数人から複数回掛かってきている。

〔上記事実と直接の関係性は無いが〕
①私が仕事先に到着すると、その日私が座るように指定された席に、私と同姓同名且風貌がそっくりな女性が先に来て座っていた事が複数回あった。
又②私がその日着用していた服装と同じ服装を着用した女性が、空席だらけの電車内にも関わらず、座する私の真正面に立ち、膝が当たりそうになった事でそれに気付き、違和感を生じた事が複数回あった。

〔最近の状況の変化〕
最近の状況の変化として
①2020/8後半から、スマホのカメラアプリで此方を盗撮しているように見える人員の特徴が変化した。此れ迄と別部署或いは別の職業に属する人員のように見える。
又②同時期(2020/8後半)より、当方自転車走行中の、車両による幅寄せ・急転回・急後進、歩道への車両の急な乗り込み等殺人の未必の故意が存するかのような状況が急激に減少した。

〔違和感のある電話〕 - 生き地獄

2020/09/06 (Sun) 11:41:01

〔違和感のある電話〕
2020/8/31(月)〜現在(2020/9/6(日))発信者が、表示されている電話番号の本人とは〔別人格者〕である事を疑うような〔違和感のある電話〕が(私の家族の一人)に、複数人から複数回掛かってきている。

左記〔違和感のある電話〕のうち、私が(私の家族の一人)の電話本体の通話記録にて確認できた〔通話日時〕は下記である。
2020/9/3(木)16:10着信、19:57着信
2020/9/4(金)10:55着信、17:12着信
2020/9/5(土)15:59着信、18:40着信

異変について/追記 - 生き地獄

2020/09/09 (Wed) 14:37:09

〔異変について/追記〕
昨日(2020/9/8(火))は、以前から《黒スーツ》で現れていた加害組織員らが《黒スラックス、白長袖シャツ姿》で、17:30頃〜長距離に亘って多人数現れた。此れ迄と同様に、異様な雰囲気を放っていた。
又、昨日(2020/9/8(火))も、此れ迄と同様に、道路上で通りすがりに、驚かす目的なのか、奇声を発する不審者らは現れた。
が、《黒スラックス、白長袖シャツ姿》の加害組織員らについては、此れ迄のような威迫・挑発的言動が無かった。

2020/8後半より、当方自転車走行中の、車両による幅寄せ・急転回・急後進、歩道への車両の急な乗り込み等殺人の未必の故意が存するかのような状況が急激に減少し、現在(2020/9/9(水))に至っている。

自己の生命身体に対する切迫した危険が消滅したかのような状況が一週間以上継続している。
身の危険が殆ど消滅したかのような状況になった時期からは(私の家族の一人)に〔不審な電話〕が掛かってくるようになっている。

(1)〔違和感のある不審な電話・着信〕
2020/8/31(月)〜2020/9/9(水)現在、発信者が、表示されている電話番号の本人とは〔別人格者〕である可能性が高い、かなり違和感のある〔不審な電話〕が(私の家族の一人)に、複数人から複数回掛かってきている。

(2)〔違和感のある不審な通話・折り返し〕
不在時の着信に対して(私の家族の一人)が折り返して発信した場合に於いても(1)と同様に、表示されている電話番号の本人とは〔別人格者〕である可能性が高い受話者との通話であり、かなり違和感のある〔不審な通話〕となっている。

以下は、2020/9/6(日)〜9/9(水)までの(私の家族の一人)の電話本体により確認した、表示されている電話番号の人とは〔別人格者〕である可能性が高い、かなり違和感のある〔不審な電話〕の受発信履歴である。
(1)〔違和感のある電話・着信〕
・2020/9/6(日)17:05着信、17:21着信
・2020/9/7(月)14:10着信
・2020/9/8(火)10:04着信、17:25着信

(2)〔違和感のある電話・折り返しの発信〕
・2020/9/7(月)20:26発信
・2020/9/8(火)17:47発信(通話時間02:34)
・2020/9/9(水)10:34発信(通話時間11:02)、11:14発信(通話時間42:19)

現況 - 生き地獄

2020/09/11 (Fri) 17:33:50

【状況の変化】
2020/8後半より、当方自転車走行中の、車両による幅寄せ・急転回・急後進、歩道への車両の急な乗り込み等殺人の未必の故意が存するかのような状況が急激に減少し、現在(2020/9/11(金))は皆無になった。

奇声を発する不審者らも、《黒スラックス、白長袖シャツ姿》の加害組織員らも、現れなくなった(2020/9/10(木)〜)。

山本毅雄、一宮一子による殺害の脅威も2020/8末から突如無くなっており(自宅内録音による状況観察)、自己の生命身体に対する切迫した危険が消滅したかのような状況が一週間以上継続している。

【同状況の継続】
もっとも、自宅内に於ける振動(?)等無形力の行使による身体の傷害や頭部の破裂感、電化製品の誤作動、何らかのエネルギーによる物質の損傷は酷い状況が継続している。
無形力の行使による死亡如何は現在に於いても加害組織の手中にあり、防御の余地が無いものであると考えられる。
又、客観的事情から、ただの変質者としての行動であるとは捉えにくい隣宅人の不審な行動(①)、(私の家族の一人)に対する不審な電話(②)について、同状況が継続している。

(1)〔隣宅人(透析医)の不審な行動〕
自宅と隣宅(透析医)との間には、隙間が殆ど無い。特に透析医宅敷地内の通路には物体が敷き詰められており、その上には隣宅の出窓があり、通路が全く無い。
にも関わらず、その隣宅人が自宅と隣宅の僅かな隙間に入り込み、窓から此方を覗き込んでいる事が度々ある。
私が自宅内の廊下(極短)を歩いている際に、偶然、玄関脇の窓から、隙間に入り込んでいる隣宅人が見えてしまったり、和室内の下方の小窓から、隙間に入り込んで屈んでいる隣宅人に覗き込まれ、目が合ってしまう事がある。
小窓は足元にあり、かなり低姿勢にならないと覗くことは困難であり、状況としてかなり不自然である。
隣宅人が入り込んでいる場所に行くには、自宅敷地(極狭)内を無断で通行し隙間部分で垣根を越える方法以外は社会通念上、考えにくい。又、上記隣宅人の度々の不自然な行動は、客観的事情から、ただの変質者としての行動であるとは捉えにくい。

(2)〔不審な電話〕
以下は、2020/9/9(水)〜2020/9/11(金)までの(私の家族の一人)の電話本体により確認した、表示されている電話番号の人とは〔別人格者〕である可能性がある〔不審な電話〕の受発信履歴である。
話者の声質・抑揚以外、会話内容その他について違和感がある。
〔違和感のある不審な電話・着信〕
・2020/9/9(水)20:04着信
・2020/9/10(木)7:40着信、10:43着信
・2020/9/11(金)15:25着信(伝言の録音)

〔違和感のある不審な通話・折り返しの発信〕
・2020/9/9(水)20:25発信(通話時間31:22)
・2020/9/10(木)19:43発信(通話時間25:44)

通信記録の照会 - 生き地獄

2020/09/14 (Mon) 21:21:51

〔通信記録の照会〕
《(私の家族の一人)と山本毅雄及び一宮一子両名との通信記録の照会について》
2020/8末頃より、加害状況が大きく変容した。
自宅内録音により、両名の電話口から漏れる発声について観察を継続していたところ、突如、両名による私の殺害計画について切迫した状況が消滅したかのように変容した。
山本毅雄の電話口から漏れる発声については特に
①常用していた「ぶっ壊す!」「ぶち破る!」といった過激な言葉を一切使わなくなり
②「(つくばエキスプレスに実際に他人が)火を付ければよかったのに!」といった犯罪性のある言動が無くなった。
現在の電話口から漏れる発声は、口調といった表面上だけではなく、会話内容からも穏やかな人格者の印象があり、着信履歴の電話番号を有する山本毅雄とは全くの別人格者であるかのようである(録音)。

もっとも、例えば「被害」とする事を困難にさせるべく、精神的な圧迫のみを目的としているかのような、敢えて住居侵入の痕跡を残す加害や、無形力の行使によって身体に傷害を与える加害のように、一般的な刑法犯としての検挙を免れる術を用いた本組織犯罪は継続している。その為、いつ不本意に「不審死」してしまうかわからない。又、ハッキングにより不定期に電磁的記録が消去される為、記録の保持が困難である。
以下は、(私の家族の一人)に対する加害者両名の電話の強要に関する記録である。

1.〔2020/6/封書が届いた〕
2020/6中に、山本毅雄から(私の家族の一人)へ、毎日必ず電話をするように、又、常時連絡が取れる状態にしておく事を強要する文書が届いた(2020/6/17確認)。

〔文書の要素について〕
(1) (私の家族の一人)に対して、今後、毎日、必ず山本毅雄に電話をする事の強要的な記述。
(2) 上記は、その人物の妻ジャニーンバイチマンに対する電話であってもよい、との記 述。
(3) 一宮一子との「打合せ」の連絡をする為(私の家族の一人)に、常時連絡可能な状況にしておく事の強要的記述。

2.〔2020/7中に於ける通信〕
・2020年7月中に於いては、山本毅雄から(私の家族の一人)に対して、連日、電話に出るまで、或いは(私の家族の一人)が折り返し電話を掛ける迄《着信》が続き、通話中に於いては、山本毅雄より、一宮一子へ電話を掛ける事についての催促・強要があった。
・2020/7/22/16:00通話の、山本毅雄の電話が第三者を意識しているようなものへ大きく変容するまで、(私)と山本毅雄、一宮一子両名は、社会生活上、何の接点も無いにも 関わらず、両名の私に対する殺意(強烈な憎悪心/敵対心/無根拠の復讐心)は膨れ上がっていった(電話口から漏れる発声の録音より)。

3.〔2020/8中に於ける通信〕
2020/7との相違点
(1)2020/7に比して格段に発信数が増加した。
(2)2020/7に比して通話時間が非常に短い。

《着信》記録については、通信会社照会が困難である。
以下、通信会社照会の2020年8月の山本毅雄及び一宮一子への(私 の家族の一人)の《発信》履歴 である。

ア.〔2020/8中に於ける(私の家族の一人)から山本毅雄への発信履歴〕
通話開始日時 2020/8/1 19:11:38 通話時間 07:10.0
通話開始日時 2020/8/2 18: 2:55 通話時間 00:36.0
通話開始日時 2020/8/3 19:47:37 通話時間 26:01.0
通話開始日時 2020/8/4 20: 0:21 通話時間 29:12.0
通話開始日時 2020/8/5 21:22: 8 通話時間 14:17.5
通話開始日時 2020/8/6 15:45:30 通話時間 00:09.0
通話開始日時 2020/8/6 17:37:45 通話時間 04:58.5
SMS送信日時 2020/8/7 5:39: 1
通話開始日時 2020/8/7 10:13:58 通話時間 01:19.5
SMS送信日時 2020/8/7 16:56:12
通話開始日時 2020/8/7 17:22:15 通話時間 00:12.0
SMS送信日時 2020/8/7 20:36:10
通話開始日時 2020/8/8 13:20:17 通話時間 00:00.5
通話開始日時 2020/8/9 11:53:19 通話時間 00:26.5
通話開始日時 2020/8/9 13:59:52 通話時間 00:41.0
SMS送信日時2020/8/9 14:29:52
通話開始日時 2020/8/9 19:50:11 通話時間 03:32.0
通話開始日時 2020/8/1019:23:52通話時間 04:52.0
通話開始日時 2020/8/11 16: 2:33 通話時間 40:51.5
通話開始日時 2020/8/12 19:59:53通話時間 12:12.0
SMS送信日時2020/8/14 22: 4:41
SMS送信日時2020/8/14 23:14:56
SMS送信日時2020/8/14 23:30:48
通話開始日時 2020/8/14 23:32:20通話時間 02:55.5
通話開始日時 2020/8/15 0:16:11 通話時間 02:11.0
SMS送信日時2020/8/15 0:21:42
通話開始日時 2020/8/15 15:22:30通話時間 00:00.5
SMS送信日時2020/8/15 20:34:48
SMS送信日時2020/8/15 20:37:37
通話開始日時 2020/8/16 7:44:54通話時間 00:12.5
SMS送信日時2020/8/16 7:47:27
通話開始日時 2020/8/16 8:54:22 通話時間 00:23.0
通話開始日時 2020/8/16 9:10:42 通話時間 00:03.5
通話開始日時 2020/8/16 9:11:22 通話時間 18:10.0
通話開始日時 2020/8/16 18:43:18通話時間 00:38.0
通話開始日時 2020/8/17 17:21:45 通話時間 00:41.0
SMS送信日時2020/8/17 17:24: 0通話時間
通話開始日時 2020/8/17 17:24:29 通話時間 00:25.5
SMS送信日時2020/8/17 17:26: 2
通話開始日時 2020/8/17 17:30:57 通話時間 00:00.5
通話開始日時 2020/8/17 17:32: 3 通話時間 01:54.5
通話開始日時 2020/8/17 18:13:54 通話時間 06:39.5
通話開始日時 2020/8/18 15:39:29 通話時間 11:44.5
通話開始日時 2020/8/19 18:31:48 通話時間 00:17.5
SMS送信日時2020/8/19 21:30:37
通話開始日時 2020/8/20 15:56:39 通話時間 00:37.5
通話開始日時 2020/8/20 20:33:27 通話時間 01:47.5
通話開始日時 2020/8/21 10:53: 8 通話時間 02:54.5
SMS送信日時2020/8/21 12:34:34
通話開始日時 2020/8/21 17:51:11 通話時間 02:23.0
通話開始日時 2020/8/22 17:16: 6 通話時間 00:26.5
通話開始日時 2020/8/23 17:21: 8 通話時間 04:53.5
通話開始日時 2020/8/24 16:53:40通話時間 06:03.5
通話開始日時 2020/8/25 20:11:15 通話時間 02:22.5
通話開始日時 2020/8/26 18:27 0 通話時間 00:22.0
通話開始日時 2020/8/27 17:43:51 通話時間 01:09.0
通話開始日時 2020/8/28 17:13: 2 通話時間 00:45.5
通話開始日時 2020/8/28 17:15:58 通話時間 00:45.5
通話開始日時 2020/8/28 20:54:56 通話時間 04:36.5
通話開始日時 2020/8/30 12:15:11 通話時間 00:13.0
SMS送信日時2020/8/30 13:37:49
通話開始日時 2020/8/31 18: 6:55 通話時間 00:09.0
通話開始日時 2020/8/31 18: 8:13 通話時間 00:27.0
通話開始日時 2020/8/31 20:32:25 通話時間00:17.5

イ.〔2020/8中に於ける(私の家族の一人)から一宮一子への発信履歴〕
通話開始日時 2020/8/6 16:37:18 通話時間 08:37.5
SMS送信日時 2020/8/7 5:25:48
SMS送信日時 2020/8/16 7:52:11
通話開始日時 2020/8/16 10:38:46 通話時間03:23.0
通話開始日時 2020/8/18 17:26:27 通話時間01:18.5
通話開始日時 2020/8/23 19:14:43 通話時間00:19.5
通話開始日時 2020/8/23 19:16:23 通話時間00:06.0
SMS送信日時 2020/8/23 19:18:40
通話開始日時 2020/8/25 16:40:31 通話時間 00:12.5

自宅内での常態としての加害の程度の変化 - 生き地獄

2020/09/19 (Sat) 12:29:17

〔追記〕
【状況・常態としての加害の程度の変化】
自宅内に於ける①無形力の行使による身体に対する加害、②頭部の破裂感について、不自然且急激な腹部の膨張/外部的な要因を伴わずしての肉割れ等は依然起こるものの、常態としての加害の程度が9割程度減(2020/9/19(土)AM11時)。

不審な配達物 - 生き地獄

2020/09/20 (Sun) 15:36:53

【現況】
生命の危険が切迫しているかのような状況が、突如、消滅したかの如き状況が三週間程継続している(2020/9/20(日))。
そして、不自然且急激な腹部の膨張/外部的な要因を伴わずしての肉割れ等は起こるものの、昨日の昼前(AM11:00)には、突如、常態としての身体への無形力の行使による加害についても、9割程度の軽減を実感し、現在に至る(2020/9/20(日)15:30)。
尤も、依然、不審事実は継続的に発生している。

【複数の人物が一人物(山本毅雄)を偽装か】
《「山本毅雄」からのレターパック(2020/9/19/12:01配達)》
「山本毅雄」から(私の家族の一人)宛にレターパックが届いた(配達日2020/9/19/12:01)。
・「2020/9/18/…学園」発送印、追跡番号「7271-5156-……」

(1)《当レターパックの表面記入欄の手書部分について》
・日本郵便のレターパックプラス520の外装記載事項に①〜③があり、手書きでの記載があった。
①お届け先:(私の家族の一人)の郵便番号・住所・氏名・電話番号
②ご依頼主:山本毅雄の郵便番号・住所・氏名・電話番号
③品名:Webカメラ(中古品)
…(A)

・上記筆記体(A)の特徴:ダイナミックで筆圧の強い、ボールペン(黒)による文字

(2)《以前届いた山本毅雄から(私の家族の一人)への封書の手書部分について》
2020/6月中に届いた、山本毅雄から(私の家族の一人)へ、毎日必ず電話をするように、又、常時連絡が取れる状態にしておく事を強要する文書(2020/6/17確認)が入っていた封書について、その表面に
①宛名:(私の家族の一人)の郵便番号・住所・氏名、及び裏面に
②山本毅雄の郵便番号・住所が手書きで記載されていた。
…(B)

・上記筆記体(B)の特徴:ダイナミックで筆圧の強い、ボールペン(青)による文字

(3)《両書体(A)(2020/6月中着)(B)(2020/9/19着)は全く、別人の書体に見える》
・手書き記載の数字・平仮名・漢字の字体について(A)(B)を比較したところ、両者共、ダイナミックで筆圧の強い、ボールペンによる文字である点は共通する。
・が、両書体は、文字のア)反りの向き、イ)はらいの有無/向き/角度、ウ)略し方、エ)線同士の付着の有無が異なる。
・特に、各文字の横線部分の反りの向き、はらいの有無/向き/角度が大きく異なる。
・各文字の横線部分の反りの向き(凹凸)が大きく異なっている事で、両書体(A)(B)は全く、別人の書体に見える。
・複数の人物が一人物を偽装しているのではないか。

【補記】 - 生き地獄

2020/09/20 (Sun) 17:12:58

【補記】
・上記レターパック及び封書の筆跡/書体について、語意を区別せずに「書体」と記載した。
・ダイナミックな書体の特徴は共通するが、筆跡は大きく異なるように見える。
・筆跡/書体を区別して以下、再度(3)について記載する。
《両筆跡(A)(2020/6月中着)(B)(2020/9/19着)は全く、別人の筆跡に見える》
〔書体の共通〕
・手書き記載の数字・平仮名・漢字の書体について(A)(B)を比較したところ、両者共、ダイナミックで筆圧の強い、ボールペンによる書体である点は共通する。
〔筆跡の相違〕
・が、両筆跡は、文字のア)反りの向き、イ)はらいの有無/向き/角度、ウ)略し方、エ)線同士の接着の有無が異なる。
・特に、各文字の横線部分の反りの向き、はらいの有無/向き/角度が大きく異なる。
・各文字の横線部分の反りの向き(凹凸)が大きく異なっている事で、両筆跡(A)(B)は全く、別人の筆跡に見える。

Lolita - 名前

2020/09/12 (Sat) 21:06:12

ロリータキッズ_CP_Lolita

* https://apg.de/lX *
* https://apg.de/lX *

ロリータキッズ_CP_Lolita

* https://apg.de/lX *
* https://apg.de/lX *

「武器としての電波の悪用を糾弾する!」石橋輝勝 著

無題 - quebeckill

2020/09/12 (Sat) 17:56:05

「武器としての電波の悪用を糾弾する!」石橋輝勝 著

法律制定のお願い - 生き地獄

2020/09/06 (Sun) 11:39:37

【法律制定のお願い】
〔特殊詐欺事案へのデジタル化対応について〕

ところで、私達は、例えば業者持参のタブレットへ、電子的サインを求められた際、確認事項について納得した程度の意では気楽にサインをするのが一般であると思う。

この点、書類のデジタル化について、白紙委任状の偽造を伴う特殊詐欺事案に並行した法的な対策はあるのだろうか。

委任を伴う財産権の移動を目的とした特殊詐欺事案は、動産を目的とした此れ迄の特殊詐欺事案に比してより被害額が大きくなり易い。より公衆の平穏かつ健全な社会生活を著しく害し、同時に、犯罪収益がこの種の組織的な犯罪を助長することになり、公衆の生命身体の危険に直結し得る。

又、こういった犯罪収益を用いた事業活動への干渉が健全な経済活動に重大な悪影響を与え、ひいては日本経済にまで影響を及ぼし得る。

書類のデジタル化に対応した、特殊詐欺事案関連の法律制定について、対応を急いで欲しいと思う。

(1)例えば、業者持参のタブレットへ求められた機材引取り確認に対するサインの様な、一般社会生活上、日常的に反復して行う事が通常行動の範囲であるような
①事実の確認として記載した②業者持参のタブレットへの電子的サインの類いが、

(2)①一般的により慎重性を要する法的な委任契約書への署名として、
②偽造白紙委任状の作成に用いられ
特殊詐欺が行われている現状はないだろうか(組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律第三条第一項九号・刑法第246条)。

電子書類は物を伴わない為、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律第十条第一項本文前段が容易である。その為犯罪としての規模が大きくなり易い(刑法第三条三号参照)。
動産を目的とする特殊詐欺と比して不法な移動の対象が大きいのにも関わらず、被害者に於いて、白紙委任状が偽造され得るような委任条の交付といった外部的行為を伴わず、犯行に気付くきっかけが無い為、関連法律無く、個人が犯罪の遂行を阻止するのは困難である。

安全な一般社会生活の目的 - 生き地獄

2020/09/07 (Mon) 13:22:18

【法律制定のお願い】
〔特殊詐欺事案へのデジタル化対応について〕
一般社会生活は組織犯罪と無縁である、と考えるのが通常である。白紙委任状の偽造を伴う特殊詐欺事案といった組織犯罪への対策といった面では、大半の一般人とは無関係な法律制定のお願いであるかもしれない。

だが、他面、コロナ禍で日常業務のリモート化が進み、より価額の大きい取引・不動産売買に伴う委任契約/リモート一貫での不動産売買等最終的な契約締結が通常になっていった場合、人的な信頼関係を基にした委任契約の本質と現状が乖離していく可能性がある。その乖離を埋めるような委任関連の、例えば売買・登記移転を一体的に依頼する側は一般的に業務としてそれを行う側より関連事項に詳しくない事情に鑑みた委任状作成者の法的責任の限定化等の民法関連法上の補正が必要となると思う。

又、押印の慣習の消滅が、書類のデジタル化と同時並行的に進んでいるので、一方で契約締結に於ける押印による慎重性の確保に代替する、パターナリスティックな意味での民法関連法上の補填が必要であると思う。
他方で、日常的な事実確認としての気楽なサインが、電子サインであれば紙質の劣化が無く、いったん犯罪組織の手元に渡れば半永久的に悪用し得る状態になる。
白紙委任状の偽造を伴う特殊詐欺事案といった組織犯罪への法的な対策が必要になると思う。

本件法的対策のお願いは、一般社会生活とも無縁では無い。

〔補記〕 - 生き地獄

2020/09/07 (Mon) 15:54:41

【補記】下記の一文に関して補記したい。
例えば売買・移転登記を一体的に依頼する側は一般的に業務としてそれを行う側より関連事項に詳しくない実情に鑑みた《委任状作成者》の《法的責任の限定化》等の民法関連法上の補正が必要となると思う。

〔補記〕
・此処で《委任状作成者》とは、委任の意思主体と同一である場合を前提として記載した。
・此処で《法的責任の限定化》とは、契約上の責任では無く、物権変動/事情を知らない第三者に対する民事責任の拡大の限定を意して記載した。社会の実情の変化に合わせて明文化し依頼人側の保護をして欲しい。

〔追記〕 - 生き地獄

2020/09/07 (Mon) 17:18:27

〔追記〕契約のリモート化により、委任契約の本質と現状との乖離が進むと同時に書面のデジタル化・押印慣習の消滅が進む一方で、今後、ますます高齢化社会になり、不動産を所有する高齢者が増加するが、高齢者はネット操作に不慣れな方々も多く、高齢者にネット上での登記簿確認を期待するのは酷である。そういった方々を保護する為にも、公示主義を補完する立法をして欲しい。

無題 - フリージア

2020/09/01 (Tue) 20:15:25

マイクロ波聴覚効果に関するブログ

https://ameblo.jp/patent123/

国内の人肉市場 - 生き地獄

2020/08/31 (Mon) 14:49:02

【人肉市場】
信じられない事であるが、極限の恐怖心を生じた人肉を食す何らかの組織、人肉市場が国内にあるのではないか。
・この点、刑法第三条第六号及び刑法第三条の二・二号と一体となった大規模な組織犯罪であるのではないか(組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律第三条第一項三号)。

〔人肉市場が存在か〕
・加害人員らは、犯行対象に対して《一個人としての憎悪心・敵対心・復讐心を何ら有せず、或いは有する事を要せずして》個人的な憎悪心・敵対心・復讐心を有するかのように偽装しているのではないか。この偽装をもってして個々の犯行が一刑法犯として明るみになった際に組織実態の非解明として機能し、仮に国内に人肉市場が存在する場合、その継続可能性として機能しているのではないだろうか。
・加害人員らは、極限の恐怖心を生じた生存中/死亡直後の人肉を食す何らかの組織、人肉市場の一端を担う者なのではないだろうか。

〔国際的な犯罪組織員としての立場か〕
例えば、山本毅雄(茨城県つくば市妻木1755-2)・一宮一子(自称)(東京都杉並区永福1-15-5-203)についても、組織としてのマニュアル・統括下に於いて(組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律第三条一項5号・刑法第223条第二項)等)、直接的行為者(刑法第43条本文)或いは、刑法第60条・第61条第一項二項として、対象に極限の恐怖心を生じさせる目的を持って犯行に至る立場にあるのではないか。

【補記】 - 生き地獄

2020/09/01 (Tue) 15:56:22

【補記】
上記記載の「人肉市場」及び、以前本掲示板に記載した「面を有する極小の固体」二点について補記したい。

(1)〔補記〕人肉市場について
物理的な所在を伴わない、経済/マーケットの意として「市場」と記載した。

(2)〔補記〕鼻から出入りする物資について
以前、本掲示板に記載した「面を有する極小の固体」について補記したい。
・此処で言う「面」とは、顔ではなく、一定の広さ/平面の意として記載した。
・頭部の破裂感との関連性が考えられる。
・山本毅雄の2020/6/21(日)の住居侵入強行時に於ける(私の家族の一人)に対する発声のICレコーダーによる室内の録音から、何らかの『電波』の拠点として機能する物資である可能性も考えられる。

〔山本毅雄の2020/6/21(日)の住居侵入強行時に於ける(私の家族の一人)に対する発声のICレコーダーによる室内の録音の一部〕
山本毅雄は『電波を感知する機械』(2020/6/21住居侵入時、山本毅雄言。録音。)なる持参物を取り 出し(私が)「(この自宅内に)居るかどうか、居るのに隠れてるかどうか は、これで、わかるんだよ!」と言い(科学根拠について、不明)「ピピ ピッ、ピピピッ!」との連続音と、相当の怒りを表現しつつ、自宅内を 歩き回っている状況音(室内録音)。
・機械音の変化に合わせ「やっぱり!!(…が)居た!!此処の中に隠れ てるよ!!」との怒りを込めたような発声(私は外出中、室内に隠れているということは客観的事実ではない/尤も山本毅雄の在宅を確かめる目的で自宅の外側の壁に何度か頭部を当てていた為、其れに『電波を感知する機械』が反応した可能性有り)。
・何かを強く叩く音(室内録音)。

常時冷静に、録音/状況観察し、全力で生き延びる努力を継続する。
他のTIの方々も、生き延びて欲しい。

【山本毅雄、再度住居へ接近(最寄駅付近)(2020/8/28(金)17時半頃)】 - 生き地獄

2020/08/29 (Sat) 12:30:21

【山本毅雄、再度住居へ接近(最寄駅付近)(2020/8/28(金)17時半頃)】
今日(2020/8/29(土)AM)、2020/8/23に続き再度、(私の家族の一人)が私の頭部の変形を心配してくれたが、これについては如何ともし難い為「何ともないから大丈夫」と言うより他に無かった。

昨日(2020/8/28(金)16:30頃)、私の住居の法的変動に関係する印鑑登録証カードの紛失に気付き、最寄り交番にて遺失届けを提出した。
その後、17時半頃、山本毅雄(茨城県つくば市妻木1755-2)が(私の家族の一人)を私の住居の最寄り駅に呼び出した。

〔2020/8/28(金)17時半頃(1時間40分間位)〜山本毅雄が(私の家族の一人)を私の住居の最寄り駅に呼び出し〕
直接的接点が全く無い私に対して強烈な殺意を表現且自宅売却の強要を継続している山本毅雄が、複数の都道府県を跨いで再度、私の住居に接近して来た。

山本毅雄は、話しの内容や対話者(私の家族の一人)の口調と関連無く「っはっはっは」「ふぁっはっはっは」「へっへっへ」「ふっふっふ」「ふぇっへっへ」と終始嬉々とした感情を表現した。

今回(2020/8/28(金))私の住居への襲撃は無かった。
又、直接的な犯行に関する話しは無かった。
が、記録保持が困難である為(私の家族の一人)に接着していた録音を大まかな時系列下記①〜④に並記する。

【山本毅雄の言動・2020/8/28(金)17時半頃〜(1時間40分間位)】
①山本は、現在の世界情勢について「第三次世界大戦の寸前」と発言。
②喫茶店では山本毅雄は「(隣町)でビーフシチューを食べてきたばかりだから」と言い「トマトの冷製パスタ」「ドリア」「かき氷」を注文。
③会話内容については、山本は「東京大学」「金(持ち)」という言葉に異常に拘りがある事を度々表現しつつも、血糖値を測り変動をグラフ化して成功したダイエットの話し等、大半は通常の範囲内であった。
④尤も、後半、喫茶店から出る前に(私の家族の一人)から(別の私の家族の一人)や私の直近に関して聞き出しつつ「要らない。要らない。」と拒否する(私の家族の一人)にお金を渡そうとした(渡した(?))。


山本毅雄による住居侵入の強行は、状況に明確性(状況後の、通話録音或いは侵入時の言動録音)があるものだけでも、①(2019/5/24(金)深夜)②(2020/6/12(金)PM時)③(2020/6/21(日))④(2020/8/14/22:30)の四回、住居への接近(最寄駅付近)は①(2020/8/7(金))②今回の(2020/8/28(金))の二回である。
他にも玄関密着やインターホン連打等々山本毅雄からの電話と連動する不審事実は近接した日程で多々発生していた。
山本毅雄は、強烈な殺意を持ち武器を携行し(室内録音より)実働を多数回試行している。

【補記】 - 生き地獄

2020/08/30 (Sun) 06:06:03

【補記】下記④に関して、補記したい。
④尤も、後半、喫茶店から出る前に(私の家族の一人)から(別の私の家族の一人)や私の直近に関して聞き出しつつ「要らない。要らない。」と拒否する(私の家族の一人)にお金を渡そうとした(渡した(?))。

④文中
…「(私の家族の一人)から(別の私の家族の一人)や私の直近に関して聞き出し」…
について、具体的には、山本毅雄は(私の家族の一人)から
(ア)発言を引き出した。

「(別の私の家族の一人)が『(私)は(私の家族の一人)にくれてやる』と言っていた」(ア)

・(別の私の家族の一人)は現在体調を崩しており客観的外部的事情からも、人間性及び人的関係性からも、明確に、『(私)は(私の家族の一人)にくれてやる』と言うという事は無い。
・(ア)発言は(私の家族の一人)の大きな勘違い或いは嘘のどちらかである。この点、〔山本毅雄による心理(行動・発言)の誘導の結果的事象ではないか〕と思う。

・(ア)発言は〔(別の私の家族の一人)の違法な人身売買取引の了承〕という虚偽事実を不正に作出した結果的事象とも捉えることが可能な発言に思う。
すなわち、(ア)発言は、あたかも違法な取引についての第三者(別の私の家族の一人)の了承があったかのように、強引に心理(行動・発言)の誘導/虚偽事実作出の結果、誘引された発言のように聞こえる。

・又そのような(ア)発言を引き出した上で受取を拒否する発言者(私の家族の一人)に金銭を渡そうとした(渡した)山本毅雄の当該金銭授受行為について、犯罪行為としての定型性・常習性、違法な人身取引といった組織犯罪との関連性が窺われる。

・山本毅雄は、2020/6/21(日)の住居侵入後、私の住居を去る際に
も同様に、山本毅雄の犯行に添わない発言に対して金銭を渡そうとしていた(渡した?)(状況録音)。
・山本毅雄は、一方で歌舞伎の花道で「数十万ぽいっとね!」(通話録音)といった不相応な金銭の使用に固執し、金に非常に困り他人宅の売却/売却代金の横流しを強要しつつ、他方で心理(行動・発言)の誘導目的(推測)で金銭を渡す事を常習としているようである。

〔海外の武器密売組織/覚醒剤事犯としての捜査のお願い〕
・山本毅雄について、武器の使用(室内録音)から海外の武器密売組織との関連性、常軌を逸した凶暴性・幼稚性から覚醒剤事犯として捜査をお願いしたい。ハッキング・多数の構成員らの言動と山本毅雄の言動との密接関係性が長期継続的に存在している。私一個人に対する刑法犯というレベルではなく、国際的な組織犯罪の一部であると思う。

〔以下、2020/6/21(日)山本毅雄住居侵入時、夜間の録音より〕
私の家族の一人が山本毅雄に「(私には私の家族の一人の世話を)よくや ってもらってる」と言うと「これを持って置きなさい」とお金を握らせ つつ(状況音と言葉の電磁的記録により確認)前後の脈絡無く「これは、 ますます、ひどいことになっちゃったね!!この100を取り返してやら なきゃいけないからね!!」と言いながら、自宅を私の家族の一人と共 に、出た(状況音により確認)。

生命保険契約に関して/立法化のお願い - 生き地獄

2020/08/24 (Mon) 22:51:19

生命保険契約に関して

〔加害人員に共通する、通常の範囲を超えた金銭への固執を示す言動〕
この数ヶ月、山本毅雄は(私の家族の一人)に頻繁に「大きな金が入ったらよこしてね」と言い、一宮一子は(私の家族の一人)に医者の斡旋を強要し「メール一通目二万円」と言っていた。
両者共、非常に金に困っている言動がある一方で、例えば山本毅雄は(私の家族の一人)に会話の流れと無関係に2020/2頃歌舞伎の花道で鑑賞するのに「数十万ぽいっとね!」と言い、一宮一子は、此方も話しの流れと無関係に「昨日は『日本橋の』高島屋に行って来た」(2020/8/24(月)17:09)と言っていた。
上記はほんの一例であり、両者共、度々、話しの前後に脈絡無く、極端に羽振りの良い金銭の支払いについて(私の家族の一人)に一方的に話しをしており、通常の範囲から外れ、極端に不相応な金銭の使用に固執している傾向があるように見える。

〔法律制定のお願い〕
仮に、生命保険契約に関して、
(1)本人への契約内容の通知の法的な義務化等、及び
(2)受取人/受取人の親族その他密接関係者から本人への粗暴犯等刑法犯の重罰化
が立法化されれば、少なくとも、金銭を動機とする者については組織犯罪への関与が抑制できるのではないか、と思う。

(1)〔不作為について罰則を伴う通知義務の制定〕
現行法上、生命保険を本人に無断で掛けることが可能であるのだとしたら、本人への以下①②の通知を法的に義務化してほしい。
①当該契約の中身、保険契約の日付・保険会社・契約の相手方の氏名/連絡先
②保険金受取人の氏名/連絡先

(2)〔粗暴犯等刑法犯の重罰化条項の制定〕
又、当該生命保険契約期間における〔当該契約上生命保険契約の受取人として指定された者、及び受取人と親族関係にある者その他密接関係者〕から〔本人〕への粗暴犯等刑法犯について、重罰化する立法を制定してほしい。

ところで、私に生命保険が掛けられているか否かはわからない。
私一個人に対する粗暴犯が抑止できなかったとしても、
上記が立法化されれば、今後、組織犯罪の一面としての粗暴犯の抑止力になる思う。

死後、捜査のお願い - 生き地獄

2020/08/26 (Wed) 19:47:36

〔死亡時における捜査のお願い〕
組織犯罪により、私はいつこの世から居なくなってしまってもおかしくないと感じている。
私がmurderされた場合、少なくとも、一宮一子(自称)(東京都杉並区永福1-15-5-203)及び、山本毅雄(茨城県つくば市妻木1755-2)二名について、下記犯罪の捜査をしてもらいたい。
大半が個人法益であるとはいえ、大規模な組織犯罪の一部であり、二名は直接的行為者、常習犯であるのではないかと思う。

私の死後、歴史上最も残忍性を有するであろう本組織犯罪の被害者が少しでも減る事を希望する。

組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律
第六条一項1号
刑法第199条・第201条本文、第199条・第203

刑法第226条の2第五項・第228条
刑法第236条一項、第237条、第238条
刑法第235条/第235条の2
刑法第246条一項・第250条、第246条の2前段・第250条
刑法第260条上段/第261条上段
刑法第230条一項、第231条
刑法第130条前段
刑法第60条、第61条一項

加害人員らの緊密な連携 - 生き地獄

2020/08/24 (Mon) 19:04:50

〔一宮一子から(私の家族の一人)への電話(2020/8/24(月)17:09〕

暴力団を使って私を自宅から追い出すという話しを持ち掛け「警察を『使って』事実を作り上げればいい」「大きな金が入ったらよこしてね」と言う山本毅雄との連携をする一宮一子(自称)(東京都杉並区永福1-15-5-203)から(私の家族の一人)に電話があった。

今回の電話では、私への加害に関する話しは無かった。
通常であれば、一般的な話しの範囲内として捉えるようなものかもしれない。
だが、この数ヶ月の一宮一子の(私の家族の一人)への電話内容との相互作用によって
〔裏社会も表社会にも精通している〕事をアピールし
〔社会での何らかの「実力」を誇示する〕目的での電話であったのかもしれないと恐怖を感じた。

一宮一子は、度々「っはっはっは」と嬉々とした感情を表現しながら、以下①〜④を言った。

2020/8/24(月)17:09(35分45秒間)
①「昨日は『日本橋の』高島屋に行って来た」
②「尾木直樹が売れるようになったのは、私(一宮一子)が裏で働きかけたから」「私(一宮一子)が働きかけるようになる前は尾木直樹はNHKに出られなかった」「尾木直樹は自分の立ち位置がわかっていなかった」
③「私(一宮一子)の従姉妹の子どもは警察官で、銃撃を専門にしている」
④「私(一宮一子)は、京都の医者が専門」(?)

上記一宮一子の受電の直前2020/8/24(月)16:53には(私の家族の一人)と山本毅雄との6分3秒間の通話記録が残っていた。

一宮一子及び山本毅雄は、私と直接の接点が全く無いにも関わらず、無根拠の強烈な敵対心、殺意を持っている。
無形力の行使により、頭部外部がかなり変形してしまったが、加害組織員らにより恐怖心を継続的に生じさせられたならば、内部の脳まで萎縮しかねない。最期まで、精神的には屈することなく、常時冷静に室内の録音をし回避可能な加害については危険を回避したい。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.